大内真/Makoto Ouchi

大内さん写真.PNG

​経歴

一橋大学社会学部4年。2019年8月徳島県牟岐町にて一か月間インターンを経験。人口減少を肌で実感し、全く町と縁もゆかりもなかった「よそもの」がその土地の社会課題を解決するためにはどうすればいいのか、どのようなかかわり方をしていけばいいのかを思案するうちに街づくりに興味を持つ。

トーク内容

タイトル:The power of "Outsider" ~『よそもの』が感じた人口減少の地域づくり~

2019年8月、私は徳島県牟岐町という地域で一か月を過ごしました。この経験を通じて、地域が直面している「人口減少」という現象と、それに向き合う町の方々の気持ちを、私は少しずつ知りました。そして、もともと全く町と縁もゆかりもなかった「よそもの」の私が「人口減少」に対してできることは何だろうと考えさせられました。一か月の生活を通して感じたことや、「よそもの」だからこそできることの可能性をお伝えできればと思っています。

​トーク内容の詳細はこちら

Coffee Chat企画内容

テーマ:「よそもの」が社会課題を解決する?

「でも私、その町の出身じゃないから、、」

そう思った経験、ありませんか?「よそもの」として徳島県牟岐町の人口減少問題について考えた大内さんと、社会問題への関わり方について一緒に考えます。あなたの気になる問題、好きな町への関わり方がトピックです。社会課題に関心のある方、実際に携わっている方、地方出身の学生の方々などにおすすめのセッション。