p1130876_49513853398_o_edited.jpg

WHAT IS TED?

TEDとは、「価値ある考えを広める(Ideas worth spreading)」ための非営利組織です。
年に2回開催されるTED Conferenceには世界の一流の方々が集まり、これまでの人生で自分の考えたことや行ってきたことについての18分未満のスピーチをしています。​
これらのスピーチの多くはTED.comで配信され、インターネット上で無料で視聴することができます。歴代のTEDでは、アメリカの実業家であるビル・ゲイツやイギリスの動物行動学者であるジェーン・グドール、アメリカの小説家であるエリザベス・ギルバートを初めとしたたくさんの著名人がスピーチをしています。

2020-01-18_15-15-49_275_edited.jpg

WHAT is tedx?

TEDxイベントとは、TEDの理念である「価値ある考えを広める(Ideas worth spreading)」の精神に基づいて、地域ごとに独立して開催されるイベントのことを指します。また、これらのイベントを運営する団体はコミュニティ、大学などの組織、個人など様々で、世界各国において発足しています。各団体はTEDから付与されるライセンスの下で活動を行っています。
​2009年に開催されたTedxUTokyoを皮切りに、日本各地でTEDxイベントが毎年開催されています。
 

P1140181_edited.jpg

WHAT IS 

TEDx

hitotsubashiu?

TEDxHitotsubashiUは、「一橋大学内で新しい視点と出会う機会を提供すること」を理念として2018年に一橋大学の学生によって設立されました。設立以降、一橋大学の多様なバックグラウンドを持った学生によって運営されています。
私たちはこの理念のもと、「新しい視点=世界を捉えるための『新たなレンズ』」を提供するようなスピーチを届けていきます。新たな挑戦を続ける学生や、社会で活躍するリーダーたちの熱い思いを、一橋大学から発信します。
2019年度に初開催を迎えた本イベントは、今後もTEDxHitotsubashiUを通した思考の変化や議論の活性化、イベント後のレセプションでの交流などといった形で、イベント関係者全ての方々に持続的なインパクトをもたらし続けます。

tedhit2_edited_edited.png

OUR
POLICY

TEDxHitotsubashiUは、「一橋大学内で新しい視点と出会う機会を提供すること」を理念として設立されました。
私たちはこの理念のもと、「新しい視点=世界を捉えるための『新たなレンズ』」を提供するようなスピーチを届けていきます。

本イベントは今年度が3度目の開催、昨年度に引き続きオンラインでの開催となりますが、
今後もTEDxHitotsubashiUを通した思考の変化や議論の活性化、
イベント後のレセプション"Coffee Chat" での交流などといった形で、
イベント関係者全ての方々に持続的なインパクトをもたらすことができればと考えております。

websitetedlogo copy1_edited.jpg

Pond(er)
休憩 |(自分を見つめて)考える

Pond=Lakeよりも地味で小さな池。
目の前が道ではなく池だったら、足を止める。池にはそんな力があります。
Lakeみたいに派手でなくとも、光が当たればきらきらと輝く。
私たちはそんなアイデアに光を当て、
うるさくめまぐるしく変わる社会で立ち止まって、じっくりと静かに考える(ponder)、
そんな場所を届けていきたいと思います。

This Year's
vision

kanematsu.jpg

WHAT IS
TEDx
HitotsubashiU?

​純粋な興味

「キャリア​」関連のテーマに限定せず、日常の疑問やアカデミックな興味を大切にし、人々が持つ純粋な興味・関心をくすぐるテーマに出会うことができます。

​既存のカテゴリーに縛られることなく、幅広いテーマに関する話を聞くことができます。

​クロスボーダーなテーマ

​意外性

イベントに参加することで、​自分が興味関心を持っている分野とは全く異なる、ひょっとするとこのままでは聞くことすらなかったかもしれないテーマに出会うことができます。

一橋大学OB・OGの方々や、大学の枠にとらわれず、普段交流することのない社会人の方々、地域の方々との接点を作り出します。

​心に響く、スピーディーでダイナミックなプレゼンテーションを通して、他にはないユニークな感動を得ることができます。

​外部との交流

​感動体験

​持続するインパクト

プレゼンテーションを通して自身の思考や行動に変化が生じたり、イベント後のCoffee Chatでの交流における、異なるバックグラウンドを持つ幅広い世代との出会いや新たな知見を得ることが出来ます。こうしたイベントでの経験はその場限りのものではなく、今後の人生に影響を与えていくものであると私たちは考えています。

​ハードルの低さ

学外に足を運ぶことなく、一橋大学内という慣れ親しんだ場所でイベントに参加することができます。

​代表挨拶
澤野結衣(一橋大学法学部4年)

初めまして。

2021年度TEDxHitotsubashiUの代表を務めさせて頂いている澤野結衣と申します。

新型コロナウイルスの蔓延をはじめとする不確実性が増す現代において、将来への漠然とした不安を抱える人も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
今年度のテーマを決めるにあたって、「不安だからこそ多くの人々が唱える『こうあるべきだ』という意見や考えに左右されてしまいがちですが、その一方で、それらに従わないといけないと思わざるを得ない状況を息苦しく感じる」というメンバーの声が多くありました。
普段会っている人とは異なる人と言葉をかわすことで、限られた人間関係に捉われずに考えを共有し、日常では得ることのできない新たなアイデアを得る。少しだけ現実の世界から離れて多様な視点に触れることで今までは見えていなかった選択肢が見えてくるかもしれません。もしかしたらみんなが口をそろえて「良い」と言っていたことに対する疑問やそれに対する自分なりの考えが浮かんでくるかもしれません。小さいものから大きいものまで、人生は決断の積み重ねではないかと思います。
TEDxHitotsubashiUのイベントを通して皆さまが感じたこと、思ったことが何かの形で皆さまの決断の後押しになれば幸いです。
今後ともTEDxHitotsubashiUをよろしくお願いいたします。

顧問挨拶
​岡本純也准教授
(一橋大学商学部経営管理研究科)

TEDxHitotsubashiUは「声」のイベントです。

なぜ、このテクノロジーが発達した時代、誰もが気軽に自己表現のための動画を拡散できるこの時代に、人間の「声」というアナログな手段を中心に据えた集まりが価値を持つのでしょうか。
それは「声」というメディアが音の波のコードであるということと関係すると考えます。
「声」は空気を振動させ人と人との間にある空間を伝わっていきます。それは、実は語り手を中心にした球体の波として広がるのです。語り手の声が聞こえた時、聞き手の身体は球体の中にスッポリと包まれてしまっています。だからこそ、伝えるべき価値ある発見をした語り手の高揚感、喜びが波動として感じられるのです。たとえそれが、PCやスマホを介した音であっても。
「声」というメディアは、また、積極的な「聞く」というアクションを引き出します。情報量が少ない分、語り手が描こうとする世界は、聞き手の想像力によって、聞き手の中に作られます。すなわち、語り手の経験と聞き手の経験が、「声」というメディアの特性によって溶け合い、一つのビジョンを描き出すのです。
だから、身を乗り出して聞こうとする者にしかそのビジョンは見えないでしょう。「見ようとする者にしか見えないビジョン」、「発見したい者にしか発見できない価値」がこのイベントの中では生まれます。


では、スピーカーの声に耳を傾け、多くの「驚き」「発見」をお楽しみください。

Image d’iOS.jpg